『感動』へのアプローチA: KAN-MAR-Blog (かんまー・ブログ)

2010年02月22日

『感動』へのアプローチA

「感動」の表現方法

前回は、「感動」を表現するのにつかわれる言葉について整理してみましたが、今回は、我々は実際に、どんようなコトに、どのような理由で「感動」し、それをどのように「表現」しているのかを、前出の調査結果から見てゆきます。

 ↓

では、実際に私たちがどのようなことに、どのように感動しているのかを見てみると、「小説・映画・テレビ・ドラマ」「自然の景観」「家族・友人の努力・成長・成功」「家族の愛情」「努力・成長・成功に関すること(スポーツなど)」といったことに多く「感動」し、「ジーン」としたり「ウルウル」「ドキドキ」しているようです。その理由としては「期待以上だったから」「自分にはとても出来ないことだったから」「共感できるところがあったから」があげられています。

感動の表現方法.jpg

つまり、「感動」とは、「期待」を上回る「出来事」、つまり期待以上のことや、自分の想定を超える・思いがけない経験やストーリー、そして大きく「共感」する事柄に遭遇したときにジーンとしたり、ウルウル・ドキドキして“心をぐっと掴まれて、大きく揺り動かされる”こととなのです。



<<戻る<<<>>>進む>>
⇒ 目次へ





posted by くろろ at 01:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 感動・共感マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。