ハートフル型「感動」モデルについてA: KAN-MAR-Blog (かんまー・ブログ)

2010年03月10日

ハートフル型「感動」モデルについてA

今回から、ハートフル型「感動」モデルが、どのようなときに起こっている(提供されている)のかを見ていきたいと思います。
これ、結構奥が深いです。

では、まいりましょう。

「感動」体験の理由
美容部員のステキな応対により「カウンセリング効果」「商品の品質」がうまく引き出され「感動」体験へ結びついています。

その理由をFA(自由記述)の内容から見てゆくと、
(まずベース値としての基本知識・スキルがあった上で)
@親身な対応からの「心」と「心」のふれあい(相談への親身・献身的な対応、信頼感があり楽しい気分にさせてくれる 等)、
A新しい発見・違う自分との出会い(普段の自分では出来ない配色、さすがプロと思わせるテクニック 等)、
B夢(期待)がかなう(実際に期待していた効果があった 等)、
Cその他では、超個別対応(相談した内容を次回来店したときに良く覚えていてくれていた、特別に優遇してくれた 等)となっている。

 ↓

多くは@「親身な、献身的な」対応による「感動」タイプと、A「新たな発見」や「夢の実現」のよる「感動」タイプの2種に分かれていることが分かります。

 ↓

これらの共通点は“突き抜けた”「感動」体験によって「記憶に残る」ものとなり、美容部員とお客様が共に「心」を開くための“きっかけ”や、その後の信頼関係を築くためのベースとなっているわけです。


ハートフル2.jpg


<<戻る<<<>>>>進む>>
⇒ 目次へ









posted by くろろ at 09:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 感動・共感マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。