「感動」継続のための、LEVEL考: KAN-MAR-Blog (かんまー・ブログ)

2012年01月09日

「感動」継続のための、LEVEL考

さて、今回の7-2は「感動」継続のためのLEVEL考についてです。

前回は、「感動」を継続させていくのは至難の技で、エスカレートする欲求に対して、いかに「納得感」でもって応えていくのか、そして、自分にとって特別なものへとステージUPさせていくのが大切だというお話をしましたが、今回はそのあたりをもう少し掘り下げてみて行きたいと思います。

今回は、この「感動」継続のためのモデルを3種方向×2つのレベルで表してみました。
まず、レベル@ですが、こちらは多くの人に「感動」を提供し”引き付ける”役割を担います。それそれ「システム」「商品」「人」が担います。次にレベルAですが、こちらはレベル1で関係が出来た人たちに対して、さらに関係性を深め、「特別なもの」へと導いてゆくための役割を担うステージになります。
※それぞれ、丁寧に説明すると、とても長くなるので図をご覧ください。

kandou7_2.png

これらを、自分の商品/サービスをイメージしながら、組み立ててゆければお客さまと、きっとステキな関係を持続できることでしょう。
次回は、この話を、もうちょっと具体的にイメージしやすく表に落とし込んで、事例も入れてみますね。

では、次回をお楽しみに!


⇒ 目次へ






posted by くろろ at 00:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 感動・共感マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。