「感動」継続のための、LEVEL考(その2): KAN-MAR-Blog (かんまー・ブログ)

2012年01月15日

「感動」継続のための、LEVEL考(その2)

さて、今回の7-2(その2)は「感動」継続のためのLEVEL考についての補足説明です。

前回、「感動」を維持するためには、「感動」体験を創出するレベルと、特別な関係へと深めてゆく2つのレベルが望ましいとの話をし、その概念を書いてみましたが、今回はその話をさらにブレイクダウンした一覧表をつけてみますね。

kandou7_3.png

この表を見ても分かると思うのですが、「こころを掴む」感動体験から、巻き込み/帰属化、そして自分化へとステージUPしていくプロセスを、商品/サービスにどう組み込むか、どのようにデザインしてゆくのかが重要となります。

次回は、ちょっと事例研究の回を挟んでみようかと思います。

では!


⇒ 目次へ





posted by くろろ at 03:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 感動・共感マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。