KAN-MAR-Blog (かんまー・ブログ)

2015年01月08日

LINEにYouTubeに、、、儲けたい人はね。

LINEにYouTubeに、、、儲けたい人は、
SEOもそうだったように、
”ある日突然、ルールが変えられるリスク”を
考えてかないといけないようです。


先日、こんな記事がありました。

まずは、TV-CMでも有名になった『YouTuber(ユーチューバー)』。
ネット上や書籍が、下記のような感じで賑やかになりました。

-----------------------------
人気YouTuberの収入は3000万円!(ブッチNEWS 2014年11月12日)
-----------------------------

YOUTUBER.jpg

そしたら、先日、、こんな記事が出てきました。
TV-CMで持ち上げといて、落とすなんてGoogleさんも酷なことをする、、
 ↓
-----------------------------
◎YouTuber涙目
ユーチューバーの収益が半減? 動画再生数あたり0.1円だったのが0.05円に
-----------------------------

あらららら。。。


次は、LINEスタンプです。

こちらも、『儲かる』と一躍有名になっていましたが、
最近は、登録数が増えすぎて儲からなくなってきた、、
なんて話も出始めていました。
 ↓
-----------------------------
【販売開始3ヶ月のデータ公開】
販売スタンプは1万個を突破!売上トップ10位までの
クリエイター平均販売額は2200万円!

-----------------------------

Line-stamp.jpg

そしたら先日、こんな話が出ました。
はい、こちらも分配のルール変更みたいです。
 ↓
-----------------------------
「LINE」自作スタンプ、作者の取り分3割減 売り上げの50%→35%に
「LINE Creators Market」で、クリエイターへの売り上げ分配額が50%から35%に減る。LINEへの分配額の増加分は、スタンプの審査期間の短縮化などに投資する。

-----------------------------

ちなみに、
こちらは2月1日申請分以降のものに適用されるとのことです。

実は、何を隠そう私もLINEスタンプを試しに
作ってみようと考えて、こんな本買ってたんですが、、、
早く作れるかが問題です。。。



では。


posted by くろろ at 22:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ マーケティング・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

またまた『ビットコイン』が賑やかになってきましたね。

年末から『ビットコイン』の話題が、何本も飛び込んできました。

あの『マウントゴックス』の破綻後、日本ではあまり話題にならなかったので、ちょっと忘れ気味だったのですが、昨年(2014)の10月に、『楽天グループもビットコインを導入!』なんて話がニュースになりました。

実は、ビットコインは海外ではeコマースの決済手段として着実に浸透中とのことなんです。

(下記引用)
-------------------------------------
実は海の向こうでは、eコマースの決済手段として着実に地歩を固めている。なぜか。それはすでに報道されているように、ビットコインはクレジットカードの手数料よりさらに安価な決済コストを実現でき、かつ土日祝祭日に左右されない。また、売り手買い手双方ともに、個人情報やカード番号など、外部に漏れたら問題になるような情報の入力も必要ないといった大きなメリットがあるからだ。
-------------------------------------
ビットコインS.jpg

この記事を読んで、
おおお〜! 『ビットコイン』復活かあ〜(日本で)
なんて思っていたらが、年があけたて2015年になったら、

『ビットコイン、不正操作で9割超消失
 破たんしたMt.Gox、社内システム精通の人物が流用か』


なんて衝撃的なニュースが飛び込んできました。

なんと記事によると「外部からの不正アクセスで消失したと」と主張していたことが、「消失したとされる約65万BTC(ビットコインの単位、約246億円相当)の9割以上が、社内システムの不正操作によって消失した可能性が高い」ということらしいのです。

なんとも、ぐちゃぐちゃな感じです。

さらに、「大手ビットコイン取引所のBitstampがサービス停止」というニュースが続きました。こちらは「ウォレットが破られた形跡があることが分かり、一時的にサービスを停止」というコトらしいです。

さて、2015年も『ビットコイン』がいろんな意味で注目かもしれませんね。



(参考記事)
-------------------------------------
楽天グループも導入、復活するビットコイン
取引所破綻から半年、新たな「基軸通貨」になるのか?
2014年10月29日(東洋経済オンライン)
http://toyokeizai.net/articles/-/51701
-------------------------------------
ビットコイン、不正操作で9割超消失
破たんしたMt.Gox、社内システム精通の人物が流用か
2015年01月05日(IT Media)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/05/news032.html
-------------------------------------
大手ビットコイン取引所のBitstampがサービス停止
2015年01月06日(ITmedia)
大手取引所のBitstampは、ウォレットが破られた形跡があることが分かり、一時的にサービスを停止したと発表した。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1501/06/news032.html

posted by くろろ at 12:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ マーケティング・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

今日のひとネタ「スマイルカーブ」

今日、「僕たちは死ぬまでレガシィを磨き続ける」 という素敵な記事を見ました。

実は、私は元スバリストなんです。
とてもスバルの車(水平対向:ボクサーエンジンやフィーリング)が大好きだったんですが、あまり大きくない3列シートが必要になり、泣く泣くスバルを降りたわけです。。。

で、上記の記事ですが、業績絶好調スバルの吉永社長が、スバルのもの創りについて語っている素敵な文章で、タイトルの「僕たちは死ぬまでレガシィを磨き続ける」というくだりが最高です。

(下記引用)
一度、「レガシィ」を出したら、ずっと「レガシィ、レガシィ…」と言い続ける。スバルはそんな会社です。ある意味では変化に対して弱い。世の中の変化に合わせて刷新していく力が弱い。昔は欠点と言われたところで、社内でもみんなそう思っていた。でも、逆に特徴にしてしまえば欠点にはならないのではないか。1つの商品を出したら、それを磨きに磨く。「僕たちは死ぬまでずっとレガシィを磨き続けます」って、悪くないでしょう。

この姿勢がスバルっぽいではありませんか。


で、タイトルの「スマイルカーブ」の話に移ります。
この記事の中でスバルの吉永社長が「スマイルカーブ」って語られていたので、今日は「スマイルカーブ」を取り上げてみようと思います。

(スマイルカーブの説明)※下記URLより引用
スマイルカーブとは、電子産業や産業機器分野における付加価値構造を表す曲線のことです。
価値連鎖の真ん中に位置する製造と組立の付加価値が最も小さく、両端のR&Dと販売・アフターが最も大きくなり、その曲線が放物線状に広がることからスマイルカーブと名付けられています。

スマイルカーブ.jpg

なるほど、スマイルカーブとはそういうことだったんですね。
広告ではあまりなじみの無い音場だったんで、ちょっと調べてしまいました。

はい。勉強になりました。

では。


(参考ページ)
「僕たちは死ぬまでレガシィを磨き続ける」 吉永社長が語る富士重工業の生きる道(上)
スマイルカーブについて解説



posted by くろろ at 21:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ マーケティング・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。