次は、「さとり世代」へ: KAN-MAR-Blog (かんまー・ブログ)

2010年02月05日

次は、「さとり世代」へ

「さとり世代」。

今年に入ってから、こんな言葉がネットで話題になっています。

この人たちは、
「ゆとり教育」の次の世代のことだそうです。
特徴として、「車に乗らない。ブランド服も欲しくない。スポーツをしない。酒を飲まない。旅行をしない。恋愛に淡泊。貯金だけが増えていく」「現代の若者が目指すのは、実にまったりとした、穏やかな暮らしである」などと紹介しています。

なるほどねえ〜。

さて、さて、
私達は、この世代に対して、どのようにリーチし、語りかけていきましょうか。。。 
時間があるときに、また考えてみますね。


さとり世代 .jpg

※Kizasiで、「ゆとり世代」とい言葉のBlogへの登場時期を見てみた。
 ↓
http://kizasi.jp/show.py/detail?kw_expr=%E3%81%95%E3%81%A8%E3%82%8A%E4%B8%96%E4%BB%A3&x=0&y=0&ref=freeword&label=

あ、ちなみにネタ元はこちら。
 ↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/02/news060.html
======================================================================
 ゆとり世代の次は「さとり世代」?――ネット発の新語「さとり世代」が話題になっている。
 発端は「WEB本の通信社」(本の雑誌社と博報堂が運営)に載った、書籍「欲しがらない若者たち」(山岡拓 著)をベースに書かれた記事についての2ちゃんねるのスレッドだ。
 記事では、「車に乗らない。ブランド服も欲しくない。スポーツをしない。酒を飲まない。旅行をしない。恋愛に淡泊。貯金だけが増えていく」「現代の若者が目指すのは、実にまったりとした、穏やかな暮らしである」など若者の消費傾向を紹介。これが日本経済にとってプラスかマイナスかを問いかける内容になっている。
 記事を取り上げた2ちゃんねるのスレッドでは「物心付いたころから不景気だった」「欲しがらないのではなく、お金がなくて買えないだけ」「以前より消費者が賢くなったのでは」などさまざまな感想や意見に混じり、「さとり世代」という書き込みが登場、「名言」と注目を浴びている。
 2ちゃんねる元管理人の西村博之(ひろゆき)氏はスレッドの議論を受けた、Twitterの書き込みでさとり世代を「ゆとり世代の次。結果のわかってることに手を出さない。草食系。過程より結果を重視。浪費をしない」と集約。多くのユーザーがさとり世代についての意見をつぶやいている。
 ちなみに「さとり世代」や「さとり教育」という言葉は、「ニコニコ動画」では別の意味で、以前から一部のユーザーの間で使われていたようだ。「ニコニコ大百科」によるとさとり世代は、テンションの低い生放送を行う高校生ユーザー「鹿豆」さんなどを、さとり教育は、僧侶のお経のような合成音声を作れるソフトウェアシンセ「Delay Lama」を使った動画などを指しているようだ。(参考:ニコニコ大百科「さとり教育の成果」)。
======================================================================

「さとり世代」の特徴として、
他の記事では、

⇒ 結果が分かっていることに手を出さない。
⇒ 結果重視。

ということが書かれているそうです。

なるほどねえ。。。
夢も、希望も、何も持てない、そんな世相を反映した、そんな時代の申し子のような感じです。

で、この世代の、
こういう傾向について、
叱咤激励しているBlogもあります。
 ↓
・結果って先に分かるの?
http://ameblo.jp/suzukimichiko/entry-10450881547.html

この人は、こんな感じのことを書かれいます。
 ↓ 
確かにそういう傾向は、私も感じます。
でも私は、全く共感はできません。
そもそも、「結果が分かっている」ということが分からない。
やってみなきゃ分からないだろう!!!
それが、どんどん自分のチャンスを逃し、摘んでいってるんだ!!!!

この意見、大賛成です。



さて、
話を広告屋のフィールドに戻します。

では、この世代に対しては、
どうすればよいのだろう???

答えは、多分簡単です。
 ↓
夢や希望、そしてチャレンジすること、
そのすばらしさを提供するのです。

つまり、コミュニケーションの中に、
そのような”しくみ”を組み込むのです。

世の中に対して、そのようなメッセージを発するのも、広告の役目だと思うのです。

「さとり世代」のみなさん、
まだまだ「さとる」のは早いよ!


長くなってきたので、今日はこのへんで。








posted by くろろ at 18:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ マーケティング・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。