ソーシャル・コミュニケーションの現状というセミナーで。: KAN-MAR-Blog (かんまー・ブログ)

2010年02月25日

ソーシャル・コミュニケーションの現状というセミナーで。

今日は午後から、JIAA(インターネット広告推進協議会)の「ソーシャル・コミュニケーションの現状」というセミナーを聞いてきました。今日のセミナーは、さすがにJIAA主催ということだけあって、広告業界に身を置く者にとっても聞きやすい内容のものでした。
※最近は、媒体社さんや広告業にとって、けっこう辛い話が多いですから。。

JIAA

http://www.jiaa.org/index.html

話の内容は、「Ameba、mixi、Twitterの活用最新事例」ということで、各社の人が、それぞれのプレゼンを行い、最後にちょっとディスカッションという感じでした。

あまり、刺激的な内容は無かったのですが、ちょっと気になった点がありました。
それは、各社が「今後力をいれていくこと」で、「マス」と「リアル」を挙げていたことです。

「マスメディア」は、特にTVのことを指しており、TVとの相性が抜群に良いといいます。
すごく簡単に言うと、TVで取り上げられたときに、会員数が一気にUPしたり、そもそも、日記で書かれる「ネタ」の多くはTV経由で仕入れられたものということで、この両者は既に相互依存関係になりつつあるといえるのかも知れません。
まあ、そんなわけで、今後TVとの関係を強化していくという感じの発言が相次ぎました。

「リアル」は、ユーザーイベントを示しており、AmebaのAmebaGGという女性コミュニティでは、3カ月に一度リアルで集まり、Webで盛り上げたものをリアルで共有する場を作っているといいます。
また、mixiでも、昨年末におおきに盛り上がったX'masコンテンツでは、リアル・シークレットパーティを開催したとのこと。
また、Twitterはイベントとの親和性はとても高いそうです(実況中継等々)。

まあ、そんなわけで、
Net発のソーシャルメディアが、いよいよ「TV」「イベント」という広告領域の両翼へ食指を伸ばし、それらの領域を飲みこんでゆく段階に入りつつあるのかもしれませんね。。。。TT








posted by くろろ at 02:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。