Facebookのイベント「fMC Tokyo 2012」レポート そのB: KAN-MAR-Blog (かんまー・ブログ)

2012年03月25日

Facebookのイベント「fMC Tokyo 2012」レポート そのB

今回も、前回に引き続き、3/16(金)に東京ミッドタウンのホールA/Bで実施された「fMC Tokyo 2012」(フェイスブック・マーケティング・カンファレンス)についてのお話の第3弾をつらつらと書いてみたいと思います。(ちょっとメモがあやふやな部分があるので、あいまいな表現が多いのをご了承ください。。。)
--------------------------------------------------
※第1弾はこちら。エリック(Erik Johnson)の話(アジアパシフィックのセールス部門を統括してる人)
※第2弾はこちら。マーク・ラブキン(Mark Rabkin)の話。(広告システムをずううっと開発してきたエンジニアリングのディレクター)
--------------------------------------------------

今回は、キーノートスピーチの3番手、フェザー・フリーランド(Heather Freeland)のスピーチの前半です。彼女はグローバルマーケティングの責任者です。

このセッションでは、Facebookページを使って、ファンとどのように関係性を深めて欲しいのかについてと、その効果を劇的に向上させる新商品「リーチジェネレーター」という新しい広告についての説明が行われた。

 ↓
今の世は、このスライドのように、街は「広告」で占められている。
でも、昔は何かを買おうと思ったら、「店に行ってはなす」という行為でブランドを知った。
そこには、「ストーリーを話す」という行為があった。
そして、店舗やブランドとの「意味のあるコネクション・繋がり」があった。
しかし、「マスコミ」の出現により、その行為は「広告」に変えられてしまった。
fMC フリーランド1.png

その結果、
顧客が選べる選択肢が増えたのだが、その結果、
従来の店舗とのつながりが消えて、お客が減っていった。
そして、以前は直接話していた顧客と、(広告を通じて)遠いところから話さなければならなくなった。

そこで、われわれは、このFacebookページを使って(各店舗/Brandが)もういちど「ストーリー」を取り戻して欲しいと考えている。
遠くの存在となってしまった顧客との繋がりやロイヤリティを取り戻したいのです。

つまり、顧客とのコミュニケーションを、広告からストーリーへ進化させたいのです。
ストーリーの方が、関係はうまくいくのです。

Facebookページでは、生の声を使ってお客さんとコミュニケーションを行うことができる。つまり、ページは、「(お客さんとの)会話をつくる場所」となる。だから、ビジネスを統括するツールとして活用して欲しい。
fMC フリーランド2.png

「スターバックス」のページを見て欲しい。この新しいページは、スターバックスにアイデンティティを吹き込むことが出来るようになった。
次に「メイシーズ」のページ。この新しいページの1つ目のポイントは、ファンと直接メッセージが出来ることだ。
ファンからの質問に答えたり、感謝のメッセージを遅れるようになったことにより、One to Oneのサービスが出来るのである。2つ目のポイントは、新しいタイプの記事のひとつとして「クーポン」を用いていること。このクーポン機能を使って、ファンになってくれているファンにクーポンを送り、その人から、また友人へクーポンを送ることが出来る。つまり、クーポンで、友達の友達がどんどん繋がるのである。
※今年の後半(??ちょっと、通訳が不安定だった)Facebookページの新タイムラインは、モバイルでも見れるようになる。

Facebookマーケティングは、すべてはページから始まる。
ブランドのアイデンティティを記事にすることにより、そのことが事実になってゆくのである。
(記事に書いたことが知れ渡り、それがブランドの姿として認知されるというような意味)
fMC フリーランド3.png

そして、次はfMC NweYork で数週間前に発表された「リーチジェネレーター」についての説明に移ってゆくのですが、今日はここまで。
この「リーチジェネレーター」については、次回に書きますね!

では、また。

(fMCレポート、バックナンバー)
--------------------------------------------------
※第1弾はこちら。エリック(Erik Johnson)の話(アジアパシフィックのセールス部門を統括してる人)
※第2弾はこちら。マーク・ラブキン(Mark Rabkin)の話。(広告システムをずううっと開発してきたエンジニアリングのディレクター)
--------------------------------------------------

※内容に不備や違いがございましたら、ぜひコメント欄にて修正/補足内容等をお知らせいただければと思います。





posted by くろろ at 03:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ fMC 2012 Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック