■ ワム・ラボ: KAN-MAR-Blog (かんまー・ブログ)

2013年05月24日

WOMマーケティングサミット2013! いよいよ27日の月曜に開催!


みなさま、お久しぶりです。

今日は久々にBlogを書いてみます。
本日の話題は、来週の月曜日(を5月27日(月))に開催される、私たちが参加している「WOMマーケティング協議会」が年に一度実施している「WOMマーケティングサミット2013」についてです。
summit2013.gif
  ↓ ↓ ↓
-----------------------------------
「WOMマーケティングサミット2013」
WOMマーケティングサミット2013を5月27日(月)アカデミーヒルズにて開催します!
今年も国内外のWOMマーケティングのトッププレイヤーの方々にご登壇いただくことができました。
内容については詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://womj.jp/womms2013/index.html
ぜひ奮ってご参加ください!
-----------------------------------

ちなみに、私は、この中で「メソッド委員会」という委員会に参加し、WOM施策の手法や効果測定について検討しており、今年は下記のようなセッションを行います。地方自治体の中の人が3名揃ってお話をお伺いできる貴重な機会だと思いますので、ぜひご参加いただければと思います。
  ↓ ↓ ↓
-----------------------------------
【B-7】メソッド委員会セッション
「自治体はFacebookをどう活用しているのか?3自治体の責任者に本音を聞く」
(パネリスト)
・福岡市「カワイイ区」 福岡市広報戦略室 大倉野 良子
・浜松市役所「いいら」 浜松市広聴広報課 晒 由希
・流山市「moricom 森のまちに住む」 流山市マーケティング課報道官 河尻 和佳子

東海大学 文学部広報メディア学科 教授 河井 孝仁
WOMマーケティング協議会 メソッド委員会 委員長 / 廣告社(株) ビジネスプロセス・デザインセンター 部次長 中島 正之
-----------------------------------

さらに先着でプレゼントもありますので、ご参加される方は、ちょっと早めに会場にお越しいただければと思います!
====================================
WOMマーケティングサミット2013速報!!

5/27(月)開催のWOMマーケティングサミット2013の参加者の皆様へ!当日サミット参加先着200名の方にふしぎな桜が咲く「Magic桜」を受付でプレゼントします。早めにお申込みください。
http://www.magicsakura.jp/diary/grow.html

<チケット発券・追加お申込はこちら>
http://womms2013.peatix.com/
====================================
posted by くろろ at 14:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ ワム・ラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

WOM事例 オーストラリア政府観光局(FB+TV等)

みなさま、お久しぶりです。

今日はWOMマーケティング協議会の、月1回の「事例共有セミナー」の日でした。
今日のスピーカーは、「オーストラリア政府観光協会」さんで、Facebook&TVのキャンペーン事例のお話を聞かせていただきました。ちなみに、場所は東急エージェンシーさん。
ということで、そのメモ的記録をUPして、みなさまにシェアしておきますね。

===========================================
◎オーストラリア政府観光局
≪私のイチオシキャンペーン(マスメディア×Facebook×写真投稿≫
===========================================
(立ち上げに向けて)
○知られていないオーストラリア(これが、日本におけるオーストラリアの現状)
オーストラリア政府観光局の英語版FBページは400万人くらいのファンがいる。当初は、これをベースに展開しようかとも考えた。でも、せっかく日本でやるのであれば、日本のチームでフレキシブルにしようということで、恐る恐る立ち上げへ。

  ↓

(Point)
魅力を知っている人を集める(実際に楽しい体験をした人を集める)

体験で情報に価値を与える(一方的な情報でなく、「行きました」「行きたい」の発言を引き出す。

Facebookファンの体験を集める(オーストラリアのイチオシ体験を募る写真投稿キャンペーン)
 ※FB、Twitterのアカウントからの投稿。
  ↓
→ポイント1:Facebookのアルバム・携帯ローカル両方から投稿できるしくみに(ストレスをいかに少なくできるかに注意した)

→ポイント2:気持ちタグ、地域タグを設置。ユーザーの体験、地域での可視化を実施(体験のところに落とすということに注力。それぞれの体験についているタグに落とす)面白かった、びっくりした、、、等々

→ポイント3:閲覧者向けに自分の好きな写真を集め、シェアできる機能を追加し拡散につなげる(インタレストというアプリを利用) ※会員登録なしでできる。
  →ポイント4:PCだけでなく、スマホでもPC同様の投稿ができるシステムを採用

  ★で、2800枚くらいの写真が投稿された。
   → 本当にリアルな写真が投稿された 
   → 観光局からでは発信できない、リアルなユーザーの体験が拡散。
    ※ プレゼントは、オーストラリア旅行2名だけ。
    ※ その他のプレゼントも、オーストラリアに近いものに限られていた。

ユーザー体験を共有
 投稿写真をFBを使い共有(Facebookカバーとして活用)
 ※体験した本人からのコメント投稿も!
 ※旅行会社のパンフとかの写真と全然違う。ユーザーのほうが全然先を行ってる感じ。


テレビの身に番組と連動
TBS,MBS系列で「おーすとりっぷ」(君と笑顔と)を放送。
番組前情報、あとフォローをFacebookで実施。
OA後はYouTubeチャンネルに掲載。旅行会社も活用。
  ↓
※著作権が発生しているものはYOうTubeでカット(音楽当ちょっと変更している)
※番組の告知を入れて、それを含めて旅行代理店に使ってもらうということでTBSをクリアした。


ユーザーの声を番組つくりに
(写真投稿キャンペーンの情報を参考に番組を制作)
投稿するユーザーんいとってもモチベーションUPに。
※ただ単に番組をやるのではだめで、SNSとユーザーの投稿にあったものを取り上げるとうことを考えた。
撮影に負荷が少なく、ユーザーのおすすめのところを取り上げた。また、Facebookで独自取材を行い、番組で紹介しきれていないことや、紹介していないポイントも取材しFBにUP、ユーザーの期待に応えるようにした。


○キャンペーンの成果
1.写真投稿 2400枚が投稿、共有(3か月) 役24万人
2.FBのファン数、1年で600人から、54000人くらいへ
  エンゲージメント率は4%以上を維持
3.活発で健全なコミュニケーションのベースを形成
4.ユーザのリアルな声を聴く機会
5.モチベーションの向上(スタッフサイド)



○今後の課題
1.運用体制 
→現在2名で展開、PRの人員がTwitterアカウントを見ている。→今後コミュニティを大きくしたいが、どういう体制が良いのか考えねば。
2.コミュニティの継続的な活性化
→ファンの心が離れないように、いろんな施策を継続していかねば。。。
3.効果の測定
→実際のビジネスリザルト、結果にどれだけ貢献しているのか?だんだん求められてくると考えている。そして、活動事態を継続する予算なりをどうとっていくかが課題。

代理店担当者からの感想:クライアントと密なコミュニケーションができたのが良かった。一緒に学びながら、取り組んでいくという姿勢で1年間で来たので、かなり進展できたと思う(HDY担当者)

===========================================
(質疑応答)
===========================================
グローバルで見た場合、日本独特の特徴とか違いは?
→ ローカルで立ち上げたのが、日本、香港、韓国だけ。
→ 本局、写真重視(Impactのある)&短いワーディングで発信。
※でも、日本はオーストラリアについて良くわからない人が多いと思うので、長め、丁寧めで行っている。

YouTubeの映像共有について、詳細を教えてほしい。
→ 最初は100%ダメだしがきた。やってくれないと決めないという部長の一声もあり許可してくれた。
→ 局の人がソーシャルメディア嫌いという雰囲気(実はよく理解されていなかった)
→ 制作側で手間はあまりかからないと説明していった。
→ コンテンツ作ってる人は、その限界を感じている人もいて、「ソーシャルはTVの敵ではなくて、TVを押し上げるためのツールと考えてください」と説得できたのが、結構良かったとおもう。


ファン数、1年で5万人、80倍。すごい。
でも、年間、日本からどれくらい訪問者数があるのか?
→ 渡航者35〜40万人/年間
→ ソーシャルの効果がどのように図れるかは模索中。

TV見ながら、ソーシャルやってて、そのまま購入できる「しくみ」にしていかないと、うまくいかないと感じる。そういう風なことをしていきたい(HDY担当者)


→ TV:オーストラリアというよくわからない国の体験、旅を伝える力が強いのは、映像の力だと思った。※本局でもブランデッどコンテンツという考え(映像中心)
→ 効果:
@4〜7月、TV&FBの軽いコミュニケーションを実施(FBで告知、内容をFBに戻す)
→ ユーザーのコメントが多く上がってきた(TVとの)。
A次に写真投稿キャンペーンを合わせて実施。(FBノートを利用しながら)、
さらに、独自取材を交えて展開すると、「いいね」数が倍くらいに伸びた。
3か月めで爆発的に「いいね」「シェア」「コメント」が増えた。

TVやってて困ったこと。
→ 地方とミニ番組のON−Air時間が違う。これは困った。
posted by くろろ at 00:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ ワム・ラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

新年の運試しプレゼントのお知らせ。

WOMlabo.から皆様へ、新年の運試しキャンペーンのお知らせです。。

賞品は、なんだか、華やかな縁起物っぽくっい、12時間で桜が咲くという「Magic桜」を選んでみました。

新年早々、Magic桜で満開の桜を咲かせてみませんか。
受験生のお子さんがいる方とかにも、お薦めですね。

Magic.png

※なんと30万個も売り上げたHit商品を、OTOGINOさんからご提供いただきました。
  
  ↓
(こちらから参加ください)
https://present.crocos.jp/33894

ぜひ、
運試しに、ご応募を〜 ^^

posted by くろろ at 10:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ ワム・ラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする