■ 「感動」と「くちコミ」: KAN-MAR-Blog (かんまー・ブログ)

2010年02月08日

「くちコミ」と「感動」 そのF

「くちコミ」型商品・サービスについてD

前回の話で、各カテゴリと「くちコミ」推奨相手の関係についてみてきましたが、今回は「何故」「くちコミ」されるのかについて見てゆきたいと思います。

「くちコミ」で推奨した理由を、カテゴリ毎にみてゆくと下記のようになります。
(これは、前回に引き続き「コレスポンデンス分析」という手法を用いて、関連性の強いものが近くにマッピングされるようにしたものです)

推奨理由MAP.gif

これを見てゆくと、大きく@「感動・推奨型くちコミ」のカテゴリと、A「情報提供型くちコミ」の2種類に分類されることが分かります。
@「感動・推奨型」は「感動したから」「自分がいいと思ったから」「相手が喜びそうだ」という理由からの「くちコミ」で、A「情報提供型」は「他人が知らない情報だから」といいう理由で「くちコミ」していることが見えてきます。


それぞれ「なるほどなあ〜」というカテゴリが近くにマッピングされていますね。

前回の「誰に」ということと合わせてみてみると、いろいろなことが見えてきますね。


※「くちコミ調査2007」:
ここから「報告書」がダウンロードできます(無料)。

http://www.kokokusha.co.jp/service/kuchikomi.html


⇒ 目次へ


posted by くろろ at 00:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 「感動」と「くちコミ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「くちコミ」と「感動」 そのE

「くちコミ」型商品・サービスについてC

前回の話で、どのようなカテゴリが「くちコミ」により向いているのかについてお話しましたが、次に気になるのが、各カテゴリの「くちコミ」が、「誰に」「何故」なされているのかということです。
そこで、今回は「誰に」の部分について見てゆきたいと思います。

まず、「くちコミ」で推奨する相手の傾向を、カテゴリ毎に見てゆくと下記のようにマッピングしてみました。
(これは「コレスポンデンス分析」という手法を用いて、関連性の強いものが近くにマッピングされるようにしたものです)

推奨相手MAP.gif


これをみていくと、いくつかのパターンが見えてきます。
 ↓
・「家族親戚」  ⇒ 「日用品/健康食品/医薬品」「化粧品」「旅行/宿泊施設/テーマパーク」
・「友人/知人(その他)」 ⇒「服/ファッション」「食品/飲料/アルコール飲料」「旅行/宿泊施設/テーマパーク」
・「友人・知人(趣味)」 ⇒「音楽/CD/映画/VTR」
・「職場の同僚」 ⇒「デジカメ/ビデオ」「雑誌/書籍」「通信販売」「パソコン/プリンタ(家庭用)」

なかなか興味深い結果ですね。
友人・知人でも、どのような関係かによって、くちコミするカテゴリが違ったり、職場の同僚にくちコミするカテゴリが「デジカメ/ビデオ」「雑誌/書籍」「通販」「パソコン/プリンタ(家庭用)」と近かったりしています。よりターゲットに適した施策が効果的ということでしょうか。

さて、次回は「何故」の部分についてお話しようと思います。

※「くちコミ調査2007」:
ここから「報告書」がダウンロードできます(無料)。

http://www.kokokusha.co.jp/service/kuchikomi.html

⇒ 目次へ

posted by くろろ at 00:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 「感動」と「くちコミ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

「くちコミ」と「感動」 そのD

「くちコミ」型商品・サービスについてB

さて、今回はBC回目のお話のMIXです。
そのBで紹介した影響力と、そのCで紹介した推奨力(くちコミ度:1次伝播)をあわせてマッピングしてみると、いろいろなことが見えてきます。

マップは4つに分かれます。
右上のブロックが、「くちコミ最強ゾーン」です!
「くちコミ」が購入に影響する割合が高く、購入した商品を「くちコミ」する率が高いカテゴリが入ってきています。これを見るとやはり「旅行/宿泊施設/テーマパーク」「化粧品」「日用品/健康食品/衣料品」がここに入ってきます。また「デジカメ/ビデオカメラ等」もいい位置にいますね。

ここで注目したいのが「ビデオ・オーディオ等のAV機器」です!
このカテゴリは「くちコミ」される割合は低いが、「くちコミ」が購入に影響する割合が高いのです。
つまり、「くちコミ」を増やせば販売が増える可能性が非常に高いと言えるのです。

マトリクス.gif


※「くちコミ調査2007」:
ここから「報告書」がダウンロードできます(無料)。


⇒ 目次へ

posted by くろろ at 00:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 「感動」と「くちコミ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。